F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、F1タイトル争いのプレッシャーを否定「もしも獲れなくても僕の世界は変わらない」

2021年11月4日

 レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年シーズン、自身初のF1世界選手権タイトル獲得を目指して戦っている。だが彼は、今年、もしくは今後も、もしチャンピオンになれなかったとしても、それが大問題だとは考えていないという。


「人は、F1を生死にかかわる問題のように、過剰に深刻にとらえてしまうことがある。たとえば、『F1に行けなかったら自分の人生は終わりだ』などと考えるんだ」とフェルスタッペンは言う。


「僕は今までも、これからも、そんな風には考えない。今F1の世界にいることができてとても幸せだが、仮にF1で走っていなくても、他のことをして充実した時間を送っていただろう。他の形でレースに携わって、楽しんでいたはずだ」


 5戦を残す現段階で、フェルスタッペンはドライバーズランキング首位に立ち、2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)に12ポイント差をつけている。F1チャンピオンになることを目指してここまで努力してきたフェルスタッペンだが、自分にはどうすることもできない要素で夢に届かない場合もあるとして、過剰なプレッシャーを抱えてはいないと言う。

2021年F1第17戦アメリカGP表彰台 1位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第17戦アメリカGP表彰台 1位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)

「僕のマシンがシーズン最後まで十分な速さを発揮してくれれば、タイトルを獲得できることは分かっている。そうでなければ、おそらくタイトルは獲れない」とフェルスタッペン。


「でも、結局のところ、そのことが僕の世界を変えることはない」


「もちろん、タイトルを獲得することを目標とし、それを夢見てきた。でもそれを実現するには多少の幸運も必要だし、シーズン全体を通して、あるいは正しいタイミングにおいて、マシンが優れた状態でなければならない」


「F1での仕事が好きだし、常にベストを尽くすよう心がけている。でも余計なプレッシャーはない」


「優れたマシンがあれば、さらにプレッシャーは軽くなる。良い結果を出せると知りながら週末に臨むことができるんだ。そのおかげで僕は落ち着いていられる」

2021年F1第17戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第17戦アメリカGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝



(Grandprix.com)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号