F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表、ハミルトンを抑えきったペレスを称賛「マックスのような激しい戦いぶりだった」/F1第16戦

2021年10月11日

 2021年F1トルコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位、セルジオ・ペレスは3位を獲得した。フェルスタッペンはドライバーズ選手権でルイス・ハミルトン(メルセデス)から首位を取り戻し、6点のリードを築いた。コンストラクターズ選手権では、リーダーのメルセデスが2位レッドブル・ホンダとのギャップを36点に拡大している。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 今週末、ダブル表彰台を獲得できたのは素晴らしい結果だ。メルセデスが得意としているトラックで、マックスはドライバーズ選手権の首位を取り戻した。我々はダメージを最小限に抑えることができたのだ。大量のコンストラクターズポイントも獲得し、チーム全体が非常に良い仕事をした。これからも戦い続ける。


 選手権首位は毎戦のように入れ替わり、最終戦まで熾烈な戦いが続いていくことになるだろう。重要なレースを控え、メルセデスにプレッシャーをかけることができているのはいいことだ。

2021年F1第16戦トルコGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第16戦トルコGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 今日は、チェコをいつピットインさせるか、そのタイミングが非常に重要だった。ルイスを抑え続けるためにチェコをステイアウトさせることもできた。だが、ルイスのタイヤは最後まで持たないと考え、チェコをピットに入れることにした。彼は今日、素晴らしい仕事をした。マックスがするように、ルイスと激しくレースしたのだ。ホイール・トゥ・ホイールになり、ルイスに押し出されてピットレーンの方まで出る場面もあった。スタート・フィニッシュ・ストレートではドラッグレースとなったが、チェコはポジションを守り切った。

2021年F1第16戦トルコGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 次のオースティン戦はハミルトンが得意とするレースなので、我々は最高の状態で臨まなければならない。このような戦いができるのは素晴らしいことだ。チームの全員が今、この戦いを楽しんでいる。



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号