F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンが選手権首位を奪還「優勝争いをするペースはないと割り切り、2位を守ることに集中した」F1第16戦

2021年10月11日

 2021年F1トルコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位を獲得した。


 2番グリッドからインターミディエイトタイヤでスタート、バルテリ・ボッタス(メルセデス)に続く位置を終始キープし、2位でフィニッシュした。エンジン交換でグリッド降格ペナルティを受けたルイス・ハミルトン(メルセデス)が5位に終わったため、フェルスタッペンは再びドライバーズ選手権首位を取り戻した。ハミルトンとの差は6点となっている。

2021年F1第16戦トルコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位を獲得
2021年F1第16戦トルコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位を獲得

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 決勝=2位
2番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→36周目インターミディエイト


 僕たちチームにとって、2位と3位(セルジオ・ペレス)でフィニッシュしたことは素晴らしい結果だ。今日は波乱のないレースで、全体的にみて、まずまずの一日だったと思う。


 とにかくタイヤを最後まで持たせるためにうまくマネジメントすることに集中し続けたレースだった。だから特に走っていて楽しいということはなかった。ドライバーとしてはプッシュしたいものだからね。


 とはいえ、今日は最大の結果を出すことができたと思うし、ドライバーズ選手権の首位を取り戻せたこともうれしい。


 もっとペースがあればよかったのだが、タイトルを争う位置にいるのは確かなので、これからも努力し続ける。今後のレースでどれぐらい競争力を発揮できるのか、見ていきたい。

2021年F1第16戦トルコGP 2位を祝うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム
2021年F1第16戦トルコGP 2位を祝うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム

(レース後の会見で語り)週末を通してメルセデスのペースに届かずにいたことを考えれば、良いレースをしたと言っていいと思う。ピットストップの後、最後の20周は、確実にフィニッシュすることに集中した。バルテリと戦うペースはなかったので、彼の0.2秒とか0.3秒後ろに近づいて、ただついていくようなことをしても仕方がなかった。だから基本的には最後までタイヤをセーブして走った。

2021年F1第16戦トルコGP 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第16戦トルコGP 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したバルテリ・ボッタス(メルセデス)



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号