F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、ルーキードライバーの金曜起用を義務化へ。若手にチャンスを与えるため2022年一部グランプリで実施の計画

2021年9月15日

 F1は、2022年には、一部グランプリの金曜フリープラクティス1回目に若手ドライバーを走らせることを全チームに義務付ける計画を進めている。


 主にパンデミックの影響で、2020年以来、F1ではシーズン中テストが廃止された。そのため、ドライバー育成プログラムを持つチームが若手を現行F1マシンで走らせる機会が失われている。


 この問題に対処するため、F1は、新レギュレーションによって、何戦かのウイークエンドで若手ドライバーを走らせる場を設けようとしている。対象となるドライバーの定義や、シーズンのなかで何回その機会が設けられるかについては、現在検討中ということだ。


「(ルーキーの)金曜走行が導入される」とF1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは語った。


「金曜のFP1で、各チームはルーキーひとりを走らせなければならない。ルーキーの定義については慎重に検討していく。どのような定義になるかはもう少しお待ちいただきたい」


「来年には、一定の回数、全チームが金曜にひとりの若手ドライバーを走らせる必要がある」

2021年F1オーストリアGP 周冠宇(アルピーヌ)とカラム・アイロット(アルファロメオ)
2021年F1オーストリアGP 周冠宇(アルピーヌ)とカラム・アイロット(アルファロメオ)

 現在もF1チームは、金曜プラクティスでレースドライバー以外を走らせることが許されている。金曜プラクティス用のライセンスを持つドライバーが対象であり、ルーキーには限定されていない。2021年には、これまで、ウイリアムズ、アルファロメオ、アルピーヌが、金曜にレースドライバー以外を走らせた。


 2020年12月に行われた“ヤングドライバーテスト”では、アルピーヌ(当時ルノー)が、2度のF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソを起用することができた。アロンソは2年間F1から離れていたため参加が認められたのだが、2022年の金曜走行に向けて、F1は異なる基準を設ける可能性がある。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号