F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第10戦密着】史上初のスプリント予選は16番手フィニッシュも「ペースは悪くない」決勝での追い上げを狙う

2021年7月18日

 F1史上初の試みとなった『スプリント予選』。17周の走行を終えて、ミックスゾーンにやってきた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)に笑顔はなかった。それはスプリント予選をスタートしたポジションと結果的に同じポジションでチェッカーフラッグを受けたからだ。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)


 もちろん、オーバーテイクが難しいシルバーストンで16番手からスタートすれば、厳しい展開になることは角田も予想していた。だからこそ、金曜日の予選が悔やまれた。角田にとって誤算だったのは、Q1の1セット目のタイヤでのアタックを終えてピットインしたときに、ランダムで選ばれる車重検査に引っかかったことだ。


 予選での車重検査は必ず誰かが引っかかっており、それだけがQ1敗退の直接の理由ではない。車重検査に呼ばれたことで、2セットのタイヤを履いてコースインするタイミングがギリギリとなった。Q1は3つあるピリオドのなかで18分間と最も長いセッションとなっているが、今回のイギリスGPの予選では角田とアルファタウリは1セットのタイヤで2回のアタックをするプランで臨んでいたため、アウトラップ→アタックラップ→インラップという通常のタイムアタックに比べて、時間を擁していたことも、角田にとっては痛かった。


 そのため、再びコースインさせるタイミングに関して、チームには選択肢はなく、車検から戻ってきた角田のマシンをジャッキアップして燃料を搭載し、タイヤ交換を済ませると、慌ただしくコースインさせるしかなく、結果的に渋滞のなかに角田を入れてしまったのだ。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)


 こうして16番手からスタートした角田は、「出だしはそこまで悪くなかった」ものの、1周目にニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)にかわされ17番手に後退。さらに2周目にはコースオフして大きくポジションを落としたカルロス・サインツ(フェラーリ)にオーバーテイクされて18番手となった。その後、ラティフィを抜いて、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)のスピンによる後退で16番手まで挽回した角田だが、シルバーストンでの17周のスプリント予選ではこれが精一杯だった。


「ペースは悪くないので、できるだけ(順位を)上げられるように頑張りたいです」


 そう言ってミックスゾーンを後にした角田。果たして、日曜日の角田に笑顔は戻るのか。

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)&角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号