F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、ラッセルとのバトルを制して10位「他の誰かならよかったのに、と悲しくなった」アルピーヌ/F1第9戦

2021年7月5日

 2021年F1オーストリアGP決勝で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは14番グリッドから10位を獲得した。アロンソは終盤、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)の後ろを走り、71周のレースの67周目にオーバーテイクを成功させて10番手に上がった。ラッセルはウイリアムズでの初入賞を目指していたが、11位に終わった。


■アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=10位
 あの位置からのスタートでは、ポイント獲得は難しいと思っていたし、実際に容易ではなかった。ポイントを獲れてうれしいよ。この週末、チームはもっと良い成績で報われるべきだったと思うけど、何も得られないよりはましだ。


 コース上ではジョージ(・ラッセル)との緊迫したバトルがあり、最終的にはこちらの方がタイヤの状態が良かったので、どうにかオーバーテイクを成功させることができた。


 ポジティブな点としては、チームがクルマを改善してくれたので、週末の3日間を通じて、ずっといいフィーリングで走れた。クルマとタイヤの使い方への自信を深めて、次のシルバーストンでのレースに臨めそうだ。競争力は上がっているから、これからが楽しみだ。

2021年F1第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

(レース後に『Sky Sports F1』に対して、ラッセルを抜いて10番手に上がったことについて語り)ジョージのことを考えると少し悲しい気持ちになった。彼は素晴らしい週末を過ごしていたんだ。1ポイントがかかるあのポジションにいるのが彼でなければいいのに、と思った。


 彼にはまたチャンスが訪れるだろう。いずれ表彰台や優勝を獲得するチャンスが来ることを願っているよ。

2021年F1第9戦オーストリアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第9戦オーストリアGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号