F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテルと接触したライコネンに20秒加算ペナルティ。黄旗無視の疑いで8人が審議、2人に処罰/F1第9戦

2021年7月5日

 F1オーストリアGP最終ラップにキミ・ライコネン(アルファロメオ)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)との間に起きた接触について、レース後に審議が行われ、ライコネンが接触の原因を作ったとして、ドライブスルーペナルティに相当する20秒加算のタイムペナルティが科された。


 ライコネンとベッテルは、レース終盤、12番手を争っていた。ベッテルが追い越しをかけた際、接触が起き、2台はグラベルへと飛び出した。ベッテルはその場でレースを終え、ライコネンは16位でフィニッシュした。


 レース後、この接触が審議対象になり、ライコネンにタイムペナルティが科されたが、他車にもペナルティが出た関係で正式結果は15位となった。


「ターン5出口でライコネンはベッテルに対してドアを閉め、それが接触につながり、両車がコースオフを喫した」とスチュワードは述べ、ライコネンにドライブスルーペナルティ(レース後のため20秒加算)およびペナルティポイント2を科した。

2021年F1第9戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第9戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

 レース直後、ベッテルはこの接触について「何が起きたのか分からないけど、意思の疎通がうまくいかなかったのだと思う。映像を見て、彼と話すよ」とコメントしていた。


 ライコネンも、映像を確認するまでは詳しい状況が分からないとした上で、「ホイール同士が当たって、コースオフした。残念な終わり方だったけれど、ふたりともポイント圏外だったから、大きな影響はない」と述べている。


「彼がそこにいるのが見えたが、なぜ当たってしまったのか分からない。僕が動いたからなのか、彼が動いたからなのか。映像を見てみるよ」


 このインシデントによりダブルイエローフラッグが提示され、この際に十分な減速を行わなかった疑いで、カルロス・サインツ(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)、ダニエル・リカルド(ルノー)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、ニキータ・マゼピン(ハース)について審議が行われた。その結果、ラティフィとマゼピンにのみ、10秒ストップ&ゴーペナルティ(レース後のため30秒加算)とペナルティポイント3が科された。


 一連のペナルティが反映され、正式結果ではライコネンが16位から15位に、ラティフィが15位から16位に変更された。


 レース後には、ライコネンの前を走行していたラッセルがブレーキング時に動いた疑いで審議された。これについては、スチュワードは危険な動き、一貫性のない動きはなかったと判断し、不問に付した。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号