F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、F1予選Q2のタイヤルールは「大規模チームを有利にしているだけ」と主張

2021年7月1日

 アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1の予選Q2におけるタイヤルールについて、「大規模チームが有利になるだけ」で、ショーを改善することにはならないと主張している。


 現在の規則では、Q3に進出したドライバーは、Q2でファステストラップを記録したユーズドタイヤでレースをスタートしなければならない。このルールはもともとはトップ10入りできなかったドライバーを利するために導入された。


 しかしアロンソは、トップチームはソフトタイヤを使わずともQ3に進出できるため、しばしばソフトタイヤを履いてレースをスタートせざるを得ないトップ10の下半分のドライバーよりも戦略的なアドバンテージがあると主張している。


 アロンソは、今週末の第9戦オーストリアGPで不公平なアドバンテージがその役割を果たすだろうと考えている。レッドブルリンクでの2戦目において、ピレリは全体的にソフト寄りのタイヤラインアップ(C3、C4、C5)を供給する予定なのだ。


「ワンストップを行えるかという挑戦になる」とアロンソは懸念を抱いた。「もしC5でスタートしたら、いっそう難しいことになるかもしれない」


「速いマシンにはあのタイヤを避ける余裕があるが、中団の僕らはそんな贅沢なことは言っていられない」


「それがこのルールの悪い点だ。彼らはショーを良くするかもしれないルールを考案しようとするが、大規模チームを有利にしているだけだ」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)


 アロンソは第8戦シュタイアーマルクGPで今季5回目のポイントフィニッシュを果たし、8位でチェッカーフラッグを受けた。39歳のアロンソは、同じサーキットで調子を上げることを楽しみにしているが、ソフト寄りのタイヤによる一連の課題と、悪化するかもしれない天候に備えているようだ。


「今シーズン初のトリプルヘッダーの3戦目だから、今週末に向けて充電する時間を確実に取るようにした」


「F1では同じ場所で2戦連続レースをするのは僕にとって初めての経験だ。でもまたここでのレースに戻り、勢いを維持するのを楽しみにしている」


「天気はまったく予測ができない。青空が広がり気温が高い1分間があると思うと、次には土砂降りの雨が降るし、それが雷雨になる可能性もある」


「僕たちはドライバーとしてこうした挑戦を楽しんでいる。そのおかげでここで2連戦をやることが面白くなると思うからね。調整して週末を完璧なものにしようとしている」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号