F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「スタート位置を考えれば、レースではできる限りのことをした」:アルファロメオ F1第10戦決勝

2020年9月29日

 2020年F1第10戦ロシアGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは11位、キミ・ライコネンは14位でレースを終えた。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=11位

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2020年F1第10戦ロシアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 可能な限り最善の結果を得たという意味で、ポジティブなレースだった。特に17番手グリッドからのスタートだったことを考えればね。とてもいいスタートが決まって、今回もかなりポジションを上げることができたし、思い切りプッシュできて周囲のクルマとも戦えると感じた。レースペースは悪くなかった。また少しギャップを縮めたのは間違いないと思うから、今後もこれを維持していきたい。


 あと一歩でポイント獲得という順位でレースを終えるのは、いつだって悔しいものだが、それでも今日の結果と、進歩しているという自信を得られたことに満足している。


キミ・ライコネン 決勝=14位
 クルマの動きは良くて、スピードもあった。ただ、ソチではオーバーテイクが難しく、ポイント圏内までポジションを上げていくことができなかった。スタートした位置を考えれば、レースではできる限りのことをしたと言えると思う。あのピットストップでのタイムロスがなかったとしても、最終的な結果はあまり変わらなかっただろう。


 11位に入ったアントニオ(・ジョビナッツィ)との差はほんの2〜3秒で、僕もそのあたりまでは行けたはずだが、いずれにせよ10位には届かなかったと思う。レースでスピードはあることを示せたのが、次戦に向けてのポジティブな点だ。

キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2020年F1第10戦ロシアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号