F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルは優位でも「もはや安全地帯にはいない」とフェラーリ代表。もう少しの改善で毎週末戦えるようになると期待

2024年5月14日

 フェラーリF1のチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、レッドブルは依然としてフェラーリやライバルのマクラーレンに対して優位に立っているが、現世界チャンピオンチームは昨年享受したような安全地帯にはもはやいないと述べている。


 2023年はレッドブルがシンガポールGPを除く全レースで勝利を収めるという圧倒的なシーズンだったが、2024年の最初の6ラウンドにおいては様相が異なっている。レッドブルは今シーズン、オーストラリアGPと先週末のマイアミGPで、フェラーリとマクラーレンを相手にすでに2度の敗北を喫している。

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第3戦オーストラリアGP カルロス・サインツ(フェラーリ)


 ファンにとって、この力関係の変化は特にエキサイティングであり、バスールは両チームがレッドブルをもっと頻繁に“苦しめる”用意ができていると考えている。


「ランド(・ノリス)とマクラーレンを祝福したい」とバスールは、マイアミでのノリスの勝利後に語った。


「ランドはそれに値すると思う、彼はこの2、3シーズン非常に優れていたし、フェラーリとも争っていた。私はマクラーレンには所属していないが、彼らは成功に値するので、とてもうれしく思っている」


「(マクラーレンのペースについては)驚きではなかった。金曜日に彼らはペースを発揮していたし、今週末はアップグレードを持ち込んでいた。過去数戦を振り返ると、彼らは常にトップ集団にいたし、中国ではペースがよかった。シーズンが終わるまでこの状態が続くだろう」


「しかし、おそらくマクラーレンと我々は、レッドブルをもう少し困らせることができると思う。そしてトラックポジションがより関わってくるだろう。なぜなら、コンマ1秒や2秒差だけだと、オーバーテイクは非常に難しいからだ。それはトラックポジションによって決まる」

2024年F1第6戦マイアミGP
2024年F1第6戦マイアミGP 優勝したランド・ノリス(マクラーレン)の祝福に訪れたフレデリック・バスール代表(フェラーリ)


 レッドブルに継続的に挑戦する可能性について問われると、バスールはレッドブルのペースの優位性が続いていることを認めたが、昨シーズンの容赦のない支配と比べると“形勢を変える”ような違いがあると見ている。この変化によってフェラーリとマクラーレンがレッドブルの弱点を突き、シーズンを通してより多くの優勝に挑戦できる可能性が開かれているとバスールは考えている。


「正直に言って、レッドブルはまだリードしていると思う。セーフティカーの展開がなかったら、マックスは勝てたかもしれない」とバスールは述べた。


「これについては結論を出したくないが、彼はポールポジションを獲得したし、彼らはまだ若干のアドバンテージを持っている」


「1年前と比べると、我々が優れた仕事をしてすべてをまとめることができれば、トップになれるというのは事実だ。つまり、我々は彼らに少しのプレッシャーをかけており、彼らは戦略をさらにアグレッシブにしなければならないということだ。彼らはもはや、昨年のような安全地帯にはいない。2周目以降はトップにいて、何が起きても問題がないような状態ではない。それはレース運営において画期的な出来事だと思う」


「これは我々にとってチャンスだと思う。我々がもう少しだけ前進すれば、毎週末彼らと戦える非常によいポジションにいられると考えているからだ」


 F1のコンストラクターズランキングでは、レッドブルがフェラーリに52ポイント差をつけてトップであり、マクラーレンは115ポイント差で3位となっている。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第6戦マイアミGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号