F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」

2024年4月18日

 メルセデスF1は、今週、レッドブルリンクで旧型F1マシンでのテストを2日間にわたって行い、ジュニアドライバー、アンドレア・キミ・アントネッリがF1カー初走行を経験した。


 アントネッリは2022年にイタリアF4とドイツF4でタイトルを獲得、2023年にはフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアン選手権(FRECA)のチャンピオンになった後、今年、FIA F2に昇格した。プレマで走るアントネッリは、ここまでの3ラウンドを終えた段階で、ランキング9位に位置している。

2024年FIA F2第3戦メルボルン アンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ・レーシング/メルセデス育成)


 2019年からメルセデスのジュニアプログラムのメンバーとして活動しているアントネッリは、メルセデスF1チームの2025年レースドライバー候補とみなされている。ルイス・ハミルトンが2025年にフェラーリに移籍することを決めたため、チームは、来年に向けてジョージ・ラッセルのチームメイトとして誰を起用するかを検討中だ。


 今回のテストは、旧型マシンをマーケティング活動での使用に備えてメンテナンスし、走行させる、メルセデスにとって伝統的なプログラムの一環だという。


 17歳のアントネッリは、2021年型W12に乗り、2日間にわたり500kmを走った。初日は雪が降ったため、あまり走れなかったが、2日目はドライコンディションになり、多くの周回を重ねることができた。

アンドレア・キミ・アントネッリ(メルセデス)
アンドレア・キミ・アントネッリがF1初テスト(メルセデスW12)


「信じられないような経験だ。(F1マシンの)パワーとダウンフォースを感じることができて素晴らしい気分だった」とアントネッリは感想を語った。


「すべての瞬間を楽しんだ。本当に楽しかったよ。ハードワークをしてくれたチームの皆に感謝したい」


「テストデーの前に、シミュレーションをして重要なことをいくつか確認した。それは本当に役に立った。実際にコースに出た時に、チームが無線で何を言っているのが分かったからね」


「この2日間でたくさんのことを学んだ。それはF2に戻った時に必ず役立つはずだ。これからも努力し続け、改善し続ける必要がある」

アンドレア・キミ・アントネッリ(メルセデス)
アンドレア・キミ・アントネッリがF1初テスト(メルセデスW12)


 メルセデスF1チーム代表トト・ウォルフは、アントネッリを来年F1に昇格させるかどうかとは関係なく、彼をF1マシンに慣れさせるために旧型F1マシンでのテストを実施することは以前から決まっていたと、日本GPの週末に語っている。今回、2022年型マシンでなく2021年型に乗せたことについては、「2022年型に乗せる前に、本当に優れたマシンはどういう感じなのか、そのフィーリングを味わわせたかったからだ」と説明した。「彼は昔から我々のメンバーだ。彼がF1カーで何ができるかを、ぜひ見てみたい」



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号