F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】2022年のレギュレーション変更でも“新しい変化”には至らず/スペイン人ライターのF1コラム

2022.12.09

 2022年の新レギュレーション変更でF1は変化を見せたのだろうか。良かった点、変化がなかった点などスペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアがシーズンを振り返る。
------------------------------------------------

 2022年のF1シーズンが終了した。なんというシーズンだったろう!モータースポーツの世界で最高のシリーズが、またしてもコース内外で信じられないようなショーを見せたことは否定できない。しかし私は自分自身に問いかけ続けている。これは本当に、先日終了したシーズンに約束されていた“新しい”F1なのだろうか?私はこの9カ月のことを好意的に見ているが、それでも答えはおそらく大きな「ノー」だ。

 より多くのオーバーテイク、序列の変動、小規模チームによる驚きの結果が出る傾向が高まること。2022年にはこうしたことが起きると我々は聞いていた。それでも私は考えてほしいと思う。2020年は、合計13人のドライバーがトップ3の結果を出しており、それにはレーシングポイントとアルファタウリによる優勝も含まれる。2021年は、トップ3の結果を出したドライバーは12人(ベルギーGPでのジョージ・ラッセルの2位を入れれば13人だ)で、マクラーレンとアルピーヌによる優勝が含まれている。だが2022年を評価してみると、表彰台に上がったドライバーは7人で、優勝を飾ったのはレッドブル、フェラーリ、メルセデスだった。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号