F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

スピンで3位を逃したルクレール、チームとファンに謝罪「欲張りすぎてポイントを失った」フェラーリ/F1第4戦決勝

2022年4月25日

 2022年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは6位でフィニッシュした。2番グリッドだったが、スタートで4番手に落ち、8周目にひとつポジションを取り戻した。終盤、ソフトタイヤに交換して前を行くセルジオ・ペレス(レッドブル)を追っている時にコースオフし、バリアにヒット。幸いコースに復帰できたものの、ピットストップせざるを得ず、いったん9番手に落ち、そこから挽回していったが6位フィニッシュにとどまった。


 この週末にルクレールは合計15ポイントを獲得。タイトル争いのライバル、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は34ポイントを稼ぎ、ルクレールはランキング首位を維持しているものの、その差は27ポイントに縮まった。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP決勝 コースオフしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)がピットイン
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP決勝 コースオフしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)がピットイン

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=6位
2番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム→ソフト→ソフト


 とてもトリッキーなレースだった。今日はライバルがかなり強力だったため、僕たちにとっては3位が望みうる最高の結果だった。


 ソフトタイヤで苦労していたが、2番手のペレスをオーバーテイクするチャンスがあると見て、攻めていった。その時、少しプッシュしすぎた。本来なら(3位の)ポイントを確実につかむために、その位置にとどまるべきだったのに。
 すべてのデータを分析し、もっと強くなって戻ってくる。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル)を追うシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル)を追うシャルル・ルクレール(フェラーリ)

(ミスについて語り)すごく残念だ。今日、スピンすべきではなかった。今日の僕たちは3位が精一杯で、それ以上の速さはなかった。なのに僕は欲張りすぎた。そのツケを払ったんだ。3位ならもっとポイントを獲ることができたのに、7点失う結果になった。


 チャンピオンシップの終盤に重要になってくるだろう7点だ。もう二度とこんなことがあってはならない。


(自身のSNSでコメントし)全力を尽くしたけれど、最後に限界を越えてしまった。チームにも、応援してくれたティフォシにも、申し訳なく思う。3位のはずだったのに6位に落ちてしまった。次はもっと強くなって戻ってくる。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号