F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第21戦密着】スタート直後にアルピーヌ勢が先行、選手権5位の座は遠のく。接触のベッテルには謝罪

2021年12月6日

 前戦カタールGPでダブル入賞したアルピーヌに25点差をつけられたアルファタウリ・ホンダ。コンストラクターズ選手権5位の座を賭けて、アルピーヌと競い合っているアルファタウリにとっては、残りは2戦しかなくなった。アルファタウリにとって過去最高位は2008年と2019年の6位。角田裕毅も、「コンストラクターズ選手権5位は僕たちにとってチャンピオンになったようなもの」と目を輝かせる。


 アルピーヌを逆転するには、アルファタウリは残り2戦で少なくとも2台そろってアルピーヌに先着するとともに、できるだけ多くのポイントを獲得する必要がある。予選9番手のエステバン・オコン(アルピーヌ)の斜め前からスタートする角田としては、何がなんでもオコンの前でレースをしなければならなかった。


 しかし、その目論見はスタート直後の1コーナーで消えた。スタート自体は悪くなかったが、1列前からスタートしたチームメイトのピエール・ガスリーがやや出遅れたために、1コーナーで行き場を失った角田はオコンに先行を許しただけでなく、2コーナーではフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)にも並ばれ、2コーナーの立ち上がりでポジションを失ってしまう。

【角田裕毅F1第20戦密着】
1コーナーで行き場を失った角田は、オコン、アロンソとアルピーヌ勢に先行を許した


 その後、2度の赤旗を経て、再開されたレースでは9番手までポジションを上げて、ポイント圏内を走行していた。ところが、23周目の2コーナーでセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)と接触。フロントウイングを壊した角田はピットインしレースを再開させたが、その後、5秒ペナルティを科せられ、14位に終わった。


 レース後、ベッテルとの接触について尋ねると、角田は「あれは僕の責任。少しプッシュしすぎた。その時点でのペースは悪くなかったので、無理せずに次のチャンスを待つべきだった。自分の判断ミス」だと自ら非を認め、レース後、ベッテルに謝罪したことを明かした。


 なお、レース後、角田は「ホテルの冷房が効き過ぎていて、体調が万全ではなかった」とも明かした。

【角田裕毅F1第20戦密着】
体調が万全ではなかったと明かした角田


 コンストラクターズ選手権でライバルのアルピーヌはオコンが4位に入り、5位の座はかなり厳しくなった。最終戦アブダビGPはコンストラクターズ選手権のことよりも、まずは体調を回復させ、万全の体制で悔いのないレースをしてもらいたい。



(Masahiro Owari)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号