F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピレリの現場責任者マリオ・イゾラ、F1トルコGPで行われた新型コロナ検査で陽性に。現在は隔離中

2020年11月17日

 F1にタイヤを供給するピレリのレーシングマネージャーを務めるマリオ・イゾラは、新型コロナウイルス検査で陽性となった。隔離に入ってはいるものの、現在症状は出ていないという。


 ピレリの声明によると、イゾラは第14戦トルコGPの日曜日にイスタンブール・パーク・サーキットで陽性反応が出たという。


「FIA、F1、ピレリは、ピレリのF1およびカーレース責任者のマリオ・イゾラが、11月15日日曜日、トルコGPでのCOVID-19検査で陽性となったことを確認した」とピレリは述べた。


「日曜日の定期COVID検査スケジュールのなかで、マリオに陽性の結果が出た。彼は現在隔離中で症状は出ておらず、地域の医療ガイドラインを遵守している」


「濃厚接触者たちはすべて明らかにされて再検査をうけたが、さらに陽性反応が出た者はいなかった。マリオは、関連する厳格な衛生プロトコルにしたがって、イタリアに送還されることになるだろう」


 イゾラは月曜日の午後、ツイッターに「すべてのメッセージに感謝します。私は元気ですし、幸いなことに症状はありません!」と短いメッセージを投稿した。


 この発表は、先週金曜日のウイリアムズの発表に続くものだ。ウイリアムズではチーム代表代行のサイモン・ロバーツが、トルコへ向かう前に新型コロナウイルス検査で陽性になった。


 F1の新型コロナウイルス検査の最新報告では、ドライバー、チーム、その他のスタッフに対し2,543回の検査が行われており、ロバーツを含む9名に陽性反応が出たという。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン44
2位マックス・フェルスタッペン43
3位ランド・ノリス27
4位シャルル・ルクレール20
5位バルテリ・ボッタス16
6位カルロス・サインツJr.14
7位ダニエル・リカルド14
8位セルジオ・ペレス10
9位ランス・ストロール5
10位ピエール・ガスリー6

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位メルセデス60
2位レッドブル・ホンダ53
3位マクラーレン41
4位フェラーリ34
5位アルファタウリ・ホンダ8
6位アストンマーティン5
7位アルピーヌ3
8位アルファロメオ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号