F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:ベテラン、ライコネンと王者ハミルトンが抱えるそれぞれのプレッシャー

2020年11月5日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。今回は第12戦ポルトガルGPと第13戦エミリア・ロマーニャGPを振り返ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 2戦ともメルセデスが予選でフロントロウを独占しました。メルセデスの持ち込みセットは群を抜いていますね。予選まではライバルが来るかなと思わせておいて、いざ始まれば結局メルセデスがコンマ5秒とか前を行く。これじゃ、パーティモード禁止でも意味ないじゃんと。

 毎年ライバルも進化していますが、それ以上にメルセデスは進化していますね。今回のふたつのコースは、ここ最近はグランプリが開催されていませんでした。それでもメルセデスは強く、本当に付け入る隙はない感じですね。

 ただし、そのなかでもマックス・フェルスタッペンは輝いています。シャルル・ルクレールもポルトガルで良かった。フェラーリは今までよりは戦えるようになった印象です。前は“Bリーグ”の下の方だったのに、今は上位にいるかなと。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号