F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1山本MS部長 予選日インタビュー:「ガスリーは少し自信をなくしてるように見えます」

2019年3月31日

 F1第2戦バーレーンGP予選日はマックス・フェルスタッペンが一発のアタックで5番手になる一方、ピエール・ガスリーはQ2落ちの13番手となってしまった。レッドブル・ホンダの状況を山本雅史モータースポーツ部長に訊いた。
———————–
──F2復帰第1戦の松下信治選手は、残念な結果に終わってしまいました。
山本雅史モータースポーツ部長(以下、山本部長):タイヤがうまく使えなかったですね。でもまだ開幕したばかりだし、うまく気持ちを切り替えられれば、絶対に本来の速さを出してくれると思いますよ。シーズン全般を見通した走りを、より心がけてほしいですね。


──F1の予選日も、いい1日とは言い難かったです。
山本部長:あくまで外から見ての印象ですが、パッケージとしてまだ完成できていない感じですね。


──(ピエール)ガスリーにさっき話を聴くと、予測不能の挙動だと言ってました。まともに運転できないと。
山本部長:そう言っていましたか。他チームのドライバーも、苦労していましたね。ニコ・ヒュルケンベルグがQ1落ちしたり。


──対照的に同じパワーユニットを積むマクラーレンは、開幕戦に続いてランド・ノリスがQ3に進出しました。
山本部長:確かに一発は、速いですね。さっきのガスリーの話に戻ると、少し気になるのは自信をなくしてるように見えるところですね。


──そもそもフェルスタッペンのチームですよね。そこに乗り込んで行って、結果を出すことが求められる。厳しいですよね。
山本部長:それは、そうです。ただね、将来世界チャンピオンになるような人は、それぐらいの試練は乗り越えるし、何かを見せてくれるものですよ。


──フェルスタッペンのQ3での一発アタックが、まさにそうでしたね。
山本部長:ここは予選は厳しいと、(クリスチャン)ホーナー代表も最初から言っていました。そんな苦しい状況の中でも、きっちり結果を出してくる。さすがとしか、言いようがないです。


──ガスリーは、復調できるでしょうか。
山本部長:結局はメンタルだと思うのですよ。自分はナンバー1でずっとやってきて、レッドブルに上がってきた。そこでフェルスタッペンのパフォーマンスを目の当たりにして、萎縮してしまった部分もあるかもしれないですね。ガスリーがスーパーフォーミュラを走っていた時は、ここで結果を出してF1に行くんだという、向上心の固まりみたいなところがあった。それが今は、少し見られない。


──F1に来て、満足してしまった?
山本部長:まさか満足はしてないでしょう。しかし、ギラギラしたものを失っているというか。そこが少し気になるところです。



(Kunio Shibata)




レース

9/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
9/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号