F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロータス、ライコネンのモチベーション低下を否定

2013年10月24日

LAT

 2014年のフェラーリ行きが決定したキミ・ライコネンは、すでに今季戦いへの意欲が低下しているのではないかとの説を、ロータスのチームプリンシパル、エリック・ブーリエは否定した。

 ライコネンはハンガリー以降の6戦すべて予選でチームメイトのロメイン・グロージャンに敗れている。

 今季のタイトルはほぼセバスチャン・ベッテルのものになっており、ライコネン自身は来季フェラーリとの契約を結んでいるため、今シーズンにおけるモチベーションが低下しているのではないかとの質問に対し、ブーリエは「そんなことは全くない。私はそうは思っていない」と答えた。

 ブーリエは、純粋にグロージャンのパフォーマンスが向上したことが要因であると考えている。

「ロメインが調子を上げてきたという方が正しいと思う」とブーリエ。
「去年のロメインは、速さはあったが、精神的な面でいい状態ではなく、それによって遅れをとっていた」
「しかしロメインは調子を取り戻した」

 ロータスのヘッド・オブ・トラックサイド・オペレーションズ、アラン・パーマンは、ハンガリー以降採用されたピレリの新タイヤがライコネンの好みに合わないと述べている。
 ライコネン自身は、マシンのフィーリングはかなりよくなってきているとして、インドGPでは予選で上位グリッドを獲得し、そこから好結果を目指すと述べている。




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報