F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:ルクレールの躍進で2020年のベッテルは正念場

2019年12月6日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。2019年F1第21戦アブダビGP編です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 ヤス・マリーナではメルセデスが速いと予想していましたが、そのとおりでしたね。レッドブルがもう少し肉薄するかと思っていましたが、そこは想定外でした。とくにセクター3はレッドブルの方が速いかと予想していたのですが、メルセデスの方が圧倒していました。

 あの区間は空力というよりはメカニカルグリップが問われる箇所で、よく曲がって、かつトラクションがしっかりかからないとダメ。昨年のメルセデスはセクター1、2が速かったので、今年はまったく違う特性になっているということですね。逆にフェラーリはセクター1で稼いでいた一方、メカニカルグリップはないのでセクター3だけでコンマ5、6秒も離され、タイヤのタレも早かった。

 昨年までのメルセデスはタイヤに対する攻撃性は高かったですけど、今年はロングランに強いクルマになりました。あれだけぶっちぎると、レッドブル、フェラーリに比べてまだ余裕あるように見えますね。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号