F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム ブラジルGP編:レッドブルの信頼を勝ち取り2020年に向けて大きな一歩

2019年11月25日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第20戦ブラジルGPを甘口の視点でジャッジ。

-------------------------------

 F1第20戦ブラジルGPでのホンダの戦いには、3つの大きな収穫があった。

 ひとつは、マックス・フェルスタッペンが圧倒的な速さを披露して勝利を飾ったことだ。ブラジルGPの優勝はレッドブル・ホンダにとって今シーズン3勝目だったが、今回の勝利は過去2勝と明らかに異なる。初優勝の第9戦オーストリアGPは予選3番手(ルイス・ハミルトンの降格により2番手スタート)、2勝目の第11戦ドイツGPは予選2番手からの勝利だったが、今回のブラジルGPは過去2回とは異なり、ポールポジションからスタートして勝つ、いわゆるポール・トゥ・ウィンだった。

 そのレース内容も、堂々たるものだった。序盤は2番手のハミルトンのペースを見ながら、レースをコントロール。ハミルトンがアンダーカットを仕掛けると、すぐに対応。1回目のピットアウトの際に、ロバート・クビカ(ウイリアムズ)と接触しそうになって、ポジションをハミルトンに奪われるも、翌周すぐさまオーバーテイクして、実力でトップの座を奪い返した。

 その後、セーフティカーが導入された際には、あえてハミルトンにトップの座を譲ってタイヤを交換。セーフティカー明けに再びハミルトンを抜き返して、トップに立った。つまり、フェルスタッペンはあの日、ハミルトンを2度オーバーテイクしていた。それはメルセデスのチーフレースストラテジストのジェームス・バレスに「ブラジルGPでわれわれは2位が精一杯だった」といわしめたほどだった。





レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年オフシーズン情報号