F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム ブラジルGP編:レッドブルの信頼を勝ち取り2020年に向けて大きな一歩

2019年11月25日

 もうひとつの収穫は、フェルスタッペン以外にもトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位を獲得したことだ。ホンダのワン・ツー・フィニッシュは1991年の日本GPでのゲルハルト・ベルガー&アイルトン・セナ以来だが、ふたりはともにマクラーレン・ホンダ。異なるチームのふたりによるホンダ勢ワン・ツー・フィニッシュは、1987年イタリアGPでのネルソン・ピケ(ウイリアムズ・ホンダ)とセナ(ロータス・ホンダ)以来32年ぶりの快挙だった。

 これはバルテリ・ボッタス(メルセデス)のリタイアやフェラーリのチームメイトによる同士討ちというラッキーな面があったことは確かだが、ファイナルラップの最後のストレートでのメルセデスとの直線勝負でホンダが負けなかったことが最大の要因だった。テクニカルディレクターのジェームス・アリソンは「ホンダはわれわれより大きいターボチャージャーとコンプレッサーによって、高度800mのインテルラゴスの薄い空気に対応できていた」と、ホンダに対してブラジルGPで技術的に完敗していたことを認めていた。

 そして、最後の収穫は2020年に向けて、ホンダがレッドブルからしっかりと信頼を勝ち取ったことだ。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はホンダとの関係をこう語る。

「昨年、われわれがルノーからホンダにパワーユニットを替えたとき、多くの人々が『なぜホンダに切り替えたのか』と疑問に思ったことだろう。しかし、それが間違っていなかったことは、今年の開幕戦でいきなり表彰台を獲得し、変更1年目にして、すでに昨年とほぼ同じポイントを獲得していることが証明している。ホンダの信頼性は高く、パフォーマンスも確実に向上している」

 シーズン中盤に挙げた2勝だけでなく、シーズン終盤に手にした3つ目の勝利は、2020年のチャンピオンシップを戦ううえで大きな一勝となることだろう。

(Masahiro Owari)





レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報