F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1辛口コラム イギリスGP編:戦闘力向上のホンダPUにあとわずかに足りないもの

2019年7月22日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第10戦イギリスGPを辛口の視点でジャッジ。

----------------

 マックス・フェルスタッペンが、パワーやストレートラインスピードに不満を言わなくなり、レースウイークエンドの一番の問題はスロットルに対するドライバーのインプットに対するレスポンスのわずかな遅れであると発言するなら、ホンダはフェラーリやメルセデスとトップ争いでできるレベルになってきたと考えるべきだろう。

 オーストリアで優勝した2週間後、レッドブル・ホンダはシルバーストンでもスポットライトを浴びた。ロングストレートがあるこのサーキットでホンダはいい仕事をしたと思う。

 フェルスタッペンのレースは、セバスチャン・ベッテルの愚かなミスによって台無しになった。ベッテルにコースから押し出されていなかったら、フェルスタッペンは5位ではなく3位でフィニッシュしていただろう。さらに、ピエール・ガスリーがようやくレッドブルのドライバーにふさわしい走りをしてみせた。メルボルンからシュピールベルクまでRB15に乗っていたのは、ガスリーにそっくりな他のドライバーだったのではないかと思うほどだ。ガスリーの活躍もあって、チームは重要なポイントを稼ぎ、フェラーリとのギャップを縮め始めた。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報