F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1辛口コラム モナコGP編:競争力を発揮しながらも、レッドブルが犯したふたつの大きなミス

2019年6月3日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第6戦モナコGPを辛口の視点でジャッジ。

----------------

 ホンダの辛口コラムを書くことを思いついて以来、毎グランプリ後の執筆の時間を楽しみにしてきた。バルコニーから海を見下ろし、ワインを飲みながら、他人の不幸を喜ぶ、いわゆるシャーデンフロイデの感情に浸ろうと思ったのだ。

 ホンダがマクラーレンと過ごした3年間は予定どおりこの楽しみを満喫できたが、2018年にトロロッソと組んで以来、状況が変わり始めた。1985年から1992年に競争力の高いエンジンを設計し製造した日本の友人たちは、その能力を今も失っていないということが明らかになったのだ。

 そして2019年モナコではホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車4台がポイント圏内でフィニッシュした。メルセデスはトップ10に2台のみ(優勝と3位だが)、フェラーリとルノーも2台だった。つまり、エンジンマニュファクチャラー別ではホンダが最も多くのマシンをトップ10内で完走させたわけだ。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号