F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル、エンジン関連のトラブルで予選Q3に参加できず「ポール獲得のチャンスを逃がし、本当に残念」フェラーリ F1オーストリアGP

2019年6月30日

 2019年F1オーストリアGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは10番手だった。


 ベッテルはQ1でミディアムタイヤを使用し、5番手で通過。Q2ではソフトでアタックし、2番手タイムを記録した。しかしセッション終盤、エンジンのニューマチックシステムの給気ラインに問題が発生。修理は間に合わず、ベッテルはQ3に進出しながら、走行することができなかった。


 チーム代表マッティア・ビノットは「おそらく縁石に乗ったことでメカニカルなコネクションが外れ、エンジンへのエアプレッシャーが失われたのだろう」と説明した。このトラブルに関して決勝への心配はないということだ。ベッテルは他車のグリッドペナルティにより、9番グリッドにつく予定で、スタートタイヤはソフトを使用する。

2019年F1第9戦オーストリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第9戦オーストリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=10番手
 こんな日になってしまい、ひどく落胆している。ポールポジションをかけて戦えるだけのマシンがありながら、走ることさえ叶わなかった。


 マシンに問題が発生したため、Q2の一部とQ3すべてに参加できなかった。(修理するという)決断をすぐさま下したが、ボディワークを外さなければならず、問題のある部分にアクセスするのは容易ではなかった。チームの皆はできる限りのことをしてくれたけれど、時間内に直すことはできなかった。


 もし修復できたとしても、1回のランしか走れない可能性が高かったから、それに向けて集中していた。でも結局コースに戻ることはできなかった。


 このことはもちろん痛手だけれど、シャルル(・ルクレール)が戦い抜いてポールを獲得するところが見られたのはよかったよ。チームのためにうれしく思っている。僕自身は満足のいく結果を得られなかったけどね。


 今週末、僕らのマシンには速さがあると思う。僕らより上位のドライバーたちよりも速いと思うから、明日はいい一日になることを願っている。いいレースを走りたいね。



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号