F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1辛口コラム 第4戦アゼルバイジャンGP編:スペック2で進歩は見えるが、現状の結果はフェラーリのミスによる恩恵

2019年5月6日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第4戦アゼルバイジャンGPを辛口の視点でジャッジ。

----------------------------

 マックス・フェルスタッペンは2019年アゼルバイジャンGPで今季3回目の4位を獲得した。しかしそれまでの3戦同様、レッドブルにはメルセデスやフェラーリに挑む強さはなかった。

 メルボルンでフェルスタッペンは表彰台に上がることに成功したが、フェラーリがまともに戦っていれば、レッドブルは5位以下に終わっていたはずだ。バーレーンでは、セバスチャン・ベッテルがスピンし、フェルスタッペンにポジションをプレゼント。

 中国でフェラーリは戦略で大きな過ちを犯した結果、シャルル・ルクレールが上位争いから脱落。そしてバクーではルクレール自身が予選Q2でクラッシュするというミスをし、8番グリッドからスタートしなければならなくなった。

 ただ、純粋にペースだけに目を向けると、レッドブルがトップ2チームに太刀打ちできないのは明らかだ。アゼルバイジャンでフェルスタッペンは予選Q3でわずかの間2番手に位置していたものの、Q1を通過するためにソフトタイヤを2セット使用したことで、Q3でタイヤが不足し、それ以上戦うことができなかった。Q3ではバルテリ・ボッタスのポールポジションタイムから約0.6秒、ベッテルの3番手タイムから0.272秒という大差をつけられた。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号