F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハッキネン、F1アゼルバイジャンGPでのボッタスと、メルセデスのチームワークを称賛

2019年5月3日

 ミカ・ハッキネンは、F1アゼルバイジャンGPで優勝したバルテリ・ボッタスのパフォーマンスは、これまで見たなかでも最高のものだったと考えている。


 ボッタスはバクーで自身のキャリア5度目の優勝を成し遂げ、チームメイトであるルイス・ハミルトンとともに、メルセデスに4戦連続となる1−2フィニッシュをもたらした。この結果は、シーズン開幕ではどのF1チームも達成したことのないものだ。


 土曜日のポールポジション獲得から決勝日での勝利まで、ボッタスはハミルトンに対して僅かながら差を維持し、ミスを犯すことがなかった。これがハッキネンを感心させたという。


「このバルテリのパフォーマンスは、これまで見たなかでも最高のもののひとつだ。彼は1周目から完璧にレースをコントロールしていた」と、2度のチャンピオン獲得経験を持つハッキネンは語っている。


「レース終了の数周前から、ルイスはエンジニアに全開で走ってもいいと言われていた。彼は差を縮めたが、バルテリも反応した」


「これが彼のレースであり、誰も盗み取ることができないものだ」


 ハッキネンは、メルセデスがバクーで優位を保つ要因となった、チームワークの良さも強調した。


「以前にも話したことがあるが、バルテリとルイスが享受しているのは、彼らのチームワークから生み出される強さだ」


「予選でのバルテリはマクラーレンのランド・ノリスのトウを利用すべく完璧な走りをし、ルイスもまたバルテリのトウを利用できていた」


「こうしたチームワークはレースでも維持されており、2台のメルセデスが最初の1、2コーナーをサイド・バイ・サイドで走っていても、互いにスペースを空けていて接触をすることがなかった」


「そうしてバルテリは素晴らしい1周目を走ることができたのだ。そして、その周の終わりにはルイスに対して2秒も差をつけていた」


 しかしハッキネンは、現状ではメルセデスが優位に立っているものの、フェラーリが一貫性を持った走りをするようになれば反撃してくると見ている。


「フェラーリは非常に速いマシンを手にしているが、アクシデントやタイヤの温度のような問題を抱えることができないという状況であることを目にしてきた。そうなると、極めて競争力の高い2台のメルセデスに1台で対抗しなければならないからだ」


「次のスペインでは、フェラーリも復調すべく全力でかかってくるだろう。彼らはそうする必要がある」


「昨年のこの時期、セバスチャン・ベッテルは2度のグランプリで優勝していた。つまりフェラーリにとっては、厳しいシーズンのスタートになっているということだ」


「彼らは復調し、メルセデスに攻撃をしかけてくるだろうと、私は確信している」


「シャルル・ルクレールは常に学習しているし、どれだけ速いかを見せつけてきている。セバスチャンもそれに反応している。彼らがふたりの間のテンションをコントロールすることができれば、優勝をかけてメルセデスに挑戦するだけの能力を持つだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

9/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/21(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
9/22(日) 決勝 21:10〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報