F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロス・ブラウン、今季未勝利のフェラーリF1にも反撃のチャンスが訪れると予想

2019年5月2日

 メルセデスF1は開幕4戦連続1−2フィニッシュという記録を叩き出しているものの、フェラーリにもまだ一矢報いるチャンスはあると、F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは述べている。


 バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンは、アゼルバイジャンGPにおいてメルセデスの輝かしい記録をさらに伸ばした。しかしバクーでの週末の序盤では、純粋な速さという点でフェラーリが優位に立っていたのだ。


 しかしながらシャルル・ルクレールが予選で失敗したことと、セバスチャン・ベッテルが決勝でメルセデスを追うことができなかったことが相まって、フェラーリはまたしても手痛い敗北を喫することになってしまった。


 多くは、フェラーリの敗北は予選Q2でミディアムタイヤを装着したことに原因があると見ているが、ブラウンはチームの決断は正しかったと話している。


「予選Q2をミディアムタイヤで走るという決定は、私としては正しかったと思っている。なぜなら金曜日の午後に、ソフトではメルセデスがより良いレースペースを持っていることを証明していたからだ」とブラウンはレース後の報告で述べた。


「可能なことだったと思うが、シャルルがQ3で彼らの前に出ることができていて、望むように長い第一スティントを走れていれば、前でフィニッシュするチャンスもあったのだ」


「ところが順位を上げはしたものの、残念ながら彼は今年3度目の5位フィニッシュをすることになった。ファステストラップを叩き出してボーナスポイントを獲得したことが、彼の励みになったとは思えない」


「それでもこのレースの後、彼は素晴らしい何かに向かっていくドライバーとして、折り紙付きの評価を得た」


 4戦が終了したところで、メルセデスはコンストラクターズ選手権でフェラーリとの差を74ポイントにまで伸ばしている。しかしブラウンは、タイトル争いはまだ終わっていないと考えている。


「この長いチャンピオンシップの第一部は、バクーで終わりを迎えた。そこで人々は、少なくともふたつのチームがタイトル争いをする場面がこれから見られるだろうか、と問うことになる」


「メルセデスが4戦連続で1−2フィニッシュを決めたことを考えると、現状では否定的な意見も理にかなっているように聞こえるだろう。しかし私は、フェラーリが一矢報いるチャンスもあるだろうと思っている。4戦のうち2戦では、勝利に必要な要素を見せつけることもしていたのだから」


「メルセデスのふたりのドライバー間における戦いも、まったく予測がつかない。ボッタスとハミルトンの差も、ボッタスがオーストラリアでファステストラップを記録したことによる、1ポイントの差しかないのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※フランスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン187
2位バルテリ・ボッタス151
3位セバスチャン・ベッテル111
4位マックス・フェルスタッペン100
5位シャルル・ルクレール87
6位ピエール・ガスリー37
7位カルロス・サインツJr.26
8位キミ・ライコネン19
9位ダニエル・リカルド16
10位ニコ・ヒュルケンベルグ16

チームランキング

※フランスGP終了時点
2位メルセデス338
2位フェラーリ198
3位レッドブル・ホンダ137
4位マクラーレン40
5位ルノー32
6位レーシングポイント19
7位アルファロメオ19
8位トロロッソ・ホンダ17
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報