F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、ギヤボックスに続きブレーキシステムとホイールリムも標準化へ。2021年に向けサプライヤー募集手続きがスタート

2019年5月1日

 FIAは2021年からF1ブレーキシステムとホイールリムを標準化すべく、製造者の募集手続きを開始した。


 リバティ・メディアとFIAは、F1チームとともに、2021年にF1レギュレーションを大幅に変更するための準備を進めている。F1テクノロジーをシンプル化し、コストを削減することを目標とするなかで、いくつかのパーツを標準化することが決定された。


 すでにギヤボックスの内部構造に関してサプライヤーの募集手続きが開始されているが、これに続きブレーキシステムとホイールリムの標準化の動きもスタートした。


 ブレーキシステムについては、ふたつのエリアに分けてサプライヤーが募集される。ひとつはブレーキパッドとフリクションディスク、もうひとつはブレーキの油圧システムだ。


「シングルソースサプライを導入する目的は、コストを大幅に削減した上で、ブレーキングパフォーマンスのレベルを保つこと、そして競技者が自身のブレーキ油圧システムを設計あるいは調達する必要性をなくすことにある」とFIAの声明には記されている。


「コンポーネントはシーズンを超えて引き継ぐことができ、高いコストがかかる継続的なパフォーマンス開発の必要性がなくなる」


 今回対象となったブレーキ油圧システムは「フロントおよびリヤブレーキキャリパー、マスターシリンダー、ブレーキ・バイ・ワイヤ・システムから成る」とFIAは説明している。


 一方、ブレーキライン、ホース、リザーバーについては、各チームが独自のものを設計することができる。

F1とピレリ、タイヤサプライヤー契約延長を発表
ピレリが新18インチタイヤを披露

 F1は2021年から、タイヤのホイールリム径を18インチに変更する。幅もわずかに変更されることが検討されており、サプライヤーはこれに対応した製品を各チームに年間60セット供給する。


 入札の期限は5月22日で、FIAは6月14日にサプライヤーについて決定を下す予定だ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報