F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:内部抗争に終止符をうったフェラーリ。チーム代表としての手腕が問われるマッティア・ビノット

2019.01.10

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

内部抗争に決着が付いたフェラーリ
チャンピオンシップ敗北の責任をとることになったアリバベーネ元F1チーム代表
XPB Images
 マッティア・ビノットが、1年以上前に始まったフェラーリの内部抗争に勝ち、マウリツィオ・アリバベーネに代わってフェラーリのチーム代表となった。フィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA) およびフェラーリのCEOだったセルジオ・マルキオンネは、アリバベーネのチーム代表起用が間違いだったことに気づき、より大きな権限をビノットに与えた。

 そしてマルキオンネは2018年7月に急逝するまでに、ビノットをチーム代表の地位に昇進させる決断をしていた。

 ジョン・エルクハムが率いるFCAの経営陣は現状維持を望み、アリバベーネに新たな契約を持ちかけたが、内部の反対に直面していた。またビノットが他チームへ移籍する可能性があったことから、クリスマス休暇中にチーム代表のポジションを再検討し、交代を決断したのだ。

 アリバベーネ代表は、フェラーリのマシンが2018年のメルセデスに対抗できたにも関わらず、チャンピオンを逃したことを批判されており、今回のチーム代表交代はパドックでも肯定的な声が上がっているようだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報