F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、「特別で感情的な」バトルをしたシューマッハーをF1最大のライバルにあげる

2019年1月5日

 F1での最後のレースの後、最大のライバルとして誰を挙げるかと聞かれたフェルナンド・アロンソは、「特別で感動的な」戦いを繰り広げたとしてミハエル・シューマッハーをあげた。


 アロンソがライバルとしてミハエル・シューマッハーを選んだという事実は、彼が2005年に初めて世界チャンピオンのタイトルを獲得した際に、偉大なシューマッハーの牙城を崩したドライバーであったことを考えるとまったく驚くことではない。


 当時ルノーに在籍していたアロンソは、シューマッハーが5年連続のタイトルを獲得した翌年に、彼に打ち勝ってチャンピオンに輝いた。


「ひとりだけを選ぶのは当然のことながら難しい。もしもひとりだけ選ばなければならないなら、それはミハエルになるだろうね」とアロンソはCrash.netに語った。


「何か特別な理由があるわけではなく、僕がF1にやって来たときにはミハエルが圧倒的優位にあったからだ」


「自分がゴーカートを走らせていたころ、ミハエルが勝つのを見ていた。違うカテゴリーにいてミハエルが勝つのを見ていたのに、最終的には彼とホイール・トゥ・ホイールの戦いをすることになっていたんだ」


「だからあのときのバトルは間違いなく特別で、当時はより感動的なものだった」


 アロンソがF1で達成した32勝の最後の1戦は2013年のバルセロナだった。彼はシューマッハーが席巻した時代にレースをしていたドライバーと、現在のグランプリドライバーの一団は同等に素晴らしいと考えているが、その理由は異なるという。


「当時もそうだったが、現在のF1には最も才能のある世代がいるんじゃないかと思う。なぜならすべてのドライバーが、より良いかたちで準備をしてきているからだ」と彼は説明した。


「彼らは様々な若手育成プログラムの一環として、より長い時間をシミュレーターで過ごす。だから10年か20年前には考えられたかったようなレベルでF1に入ってくるんだ」


「良い道のりだったよ。ひとりだけを選ぶのならミハエルになるだろう。でもそれはただ感情的な理由であって、技術的な面からではないよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報