F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハートレー「スタート失敗もタイヤのダメージも不可解。分析が必要」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP日曜

2018年10月7日

 2018年F1日本GP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは13位だった。


 ハートレーは予選順位と同じ位置の6番グリッドから、ユーズドのスーパーソフトタイヤでスタートし、1回ストップ戦略で走った。ハートレーはスタートでポジションを落とした後、ポイント圏外に。28周目にソフトタイヤに交換、終盤はマーカス・エリクソンのすぐ後ろまで迫ったものの、オーバーテイクすることができず、13位でフィニッシュした。


■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=13位
 スタートの手順を大きく間違ったとは思わない。だけど発進の時にトラクションがかからなかった。ファーストスティントの間ずっと、グリップが足りず、トラクションがよくなかった。タイヤを2セット目に交換してコースに戻ると、トラフィックのなかに入ってしまった。ウイリアムズ勢を相手にオーバーテイクを決めることができたが、終盤はマーカス・エリクソンに引っ掛かってしまった。


 昨日の予選ではポジティブな結果を出せたというのに、今日は2台揃ってポイント圏外だなんて、本当に残念だ。


(Racefansに語り)トロロッソの全員にとって期待外れの一日になってしまった。スタートの蹴り出しの時、トラクションがかからず、ひどいホイールスピンが起きてしまった。ターン2までにふたつほどポジションを落とした。でも僕自身のスタート手順に大きな間違いがあったとは思わない。これについては調べてみる必要がある。


 セカンドスティントではペースはよくなったけれど、トラクションの問題が相変わらずあって、そのためにオーバーテイクができなかった。終盤にはタイヤにブリスターができてしまった。もう一台の方も同じ問題を抱えていたと思う。僕らは今シーズンを通してタイヤには優しい傾向にあったのに、今回は全く逆だった。この問題を理解する必要がある。



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報