F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「不向きなコースのはずが、いい兆候。グリッド後方からでもチャンスはあるかも」:F1ロシアGP金曜

2018年9月29日

 2018年F1ロシアGPの金曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=5番手/2=4番手だった。リカルドは5基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを導入、グリッド降格ペナルティを受け、後方からスタートする。


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=5番手/2=4番手
 今日はマシンがいい感じで、ドライビングをすごく楽しめた。実際このサーキットは楽しいし、僕らのペースもかなり良かった。コーナーでグリップを与えてくれるバンクはないが、ここに投入されたハイパーソフトが必要なグリップをもたらしてくれるので、より一層楽しめる。


 午後のロングランではトラフィックにつかまり、レースでのフィーリングを実感できた。ここはオーバーテイクが簡単なトラックではないが、最終的には抜くことができたので、レースはかなり楽しめると思う。


 タイヤのデグラデーションが見られたのは良かった。もし単純な1ストップのレースになれば予想が容易になるので、よりエキサイティングなレースになるよう、2ストップになってほしいね。


(グリッド降格)ペナルティが科されるため、明日の予選ではフルに走る必要はないが、FP3後、どんな戦いをするか決断する。


 午後にはかなり走り込んで、いいデータを集めることができた。FP3でもう一度ロングランを行い、レースに向けて準備万端整えることが重要だ。ロシアは今まで僕らにとって得意なサーキットではなかったが、今日はいい兆候があった。



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP