F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:フェラーリはナンバー1と2ドライバーを明確にすべき

2018年9月8日

 フォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)の元チャンピオンにして、現在もスーパーGTで活躍中の松田次生選手(MOTUL AUTECH GT-R)がシーズン中のF1について語る連載企画。今回はF1第13戦ベルギーGP、第14戦イタリアGP編です。

------------------

 サマーブレイク明けのF1第13戦ベルギーGPと第14戦イタリアGPは、フェラーリの速さが目立ちました。ただし、雨となったベルギーの予選Q3では、2台が1-2というわけではなかったことから、ドライ寄りのセッティングだとクルマが硬すぎるのかもしれません。フェラーリはとくにパワーユニット(PU/エンジン)で優位に立っているような印象を受けました。

 2017年までのフェラーリはアンダーが強かったですが、2018年はレーキ角も増えて旋回性がアップし、コーナー立ち上がりでのアクセルを踏むポイントが手前になりました。それとストレートの伸びの良さの相乗効果で速さが増したと思います。

 ベルギーは、なんと言ってもスタートの混乱ですよね。あれを見て、僕はもう少し20〜30分フリー走行があっても良いのではないかと思いました。近年の流れは、日本のGTもそうだけど、F1もフリー走行がなくなる方向です。スタート前に少しでも走っておくことで目も慣れるし、その時のコンディションでのタイヤの温まりも把握が可能です。そうすれば、あのような多重事故を招く可能性も少なくなると思うんですよね。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報