F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パドック裏話:3連戦のモーターホーム設営作業は大仕事。マクラーレンは徹夜で作業完遂

2018年7月17日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。今回はフランス、オールトリア、イギリスGPの3連戦分です。

--------------------------------

 F1は史上初のトリプルヘッダーを何とかやり遂げた。そのあまりの目まぐるしさのおかげで、私はいまだに曜日の感覚が取り戻せない。

 3週連続でグランプリを開幕するハメに陥ったのは、イギリスGPの翌週の日曜日に、FIFAワールドカップの決勝戦が組まれていたからにほかならない。そして、この過酷な3週間の間には、いくつもの『残酷物語』があった。

 始まりは、ル・キャステレで復活したフランスGPだった。過去にポール・リカールを訪れたことがある人にたずねれば(状況は今でも同じだが)、誰もがサーキットへのアクセス道路の狭さを教えてくれるだろう。そのタイトさたるや、バーニー・エクレストンの財布の口にも例えられるほどだ。もっとも、バーニーの財布がタイトなのは出る方だけで、入ってくる方にはきわめて寛容であるのに対し、ポール・リカールの場合は双方向ともにありえないほど狭い。

 フランスGPのスタート時刻が、いつもより1時間遅い現地時間の16時10分とされたのも、ワールドカップのイングランド戦とのバッティングを避けるためで、結果としてレースのフィニッシュ時刻も通常より遅くなった。一部のチームは、レース終了後にモーターホームをバラし、南フランスを脱出してオーストリアまで所定の時間内に運ぶのは、まず不可能と最初から見切りをつけていた。レッドブルとウイリアムズが、レッドブル・リンクにいつもと違うモーターホームを持ち込んだ理由はそこにある。

 おそらくマクラーレンは、彼らと同じようにすればよかったと後悔したに違いない。マクラーレンの『ブランドセンター』(いかにも彼らの好きそうな、大仰でキャッチーな名前だ……)は、パドックのモーターホームの中でも最も規模が大きく、組み立ても面倒なもののひとつだ。しかも、ただでさえ余裕のないオーストリアへの移動の途中で、トランスポーターの1台が故障して別のトラックと入れ替える必要が生じたという。その結果、設営チームはレースの週末が始まる木曜日までに準備を整えるべく、到着後は夜を徹して必死で働かなければならなかった。

 だが、彼らを気の毒に思う者は、ほとんどいなかった。チームスタッフが続々とオーストリア入りする頃には、ワールドカップ熱がいよいよ高まり始め、誰もが気もそぞろだったからだ。ドライバー同士のライバル意識はあまり見られなかったものの、様々な国籍の人間が集まるメディアセンターでは毎朝、やけに上機嫌だったり、逆に落ち込んでいたりするジャーナリストたちが目についた。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報