F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

毒舌パドック裏話 カナダGP編:英雄ジル・ビルヌーブを彷彿とさせる現役ドライバーは誰?

2018年6月19日

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。第7戦カナダGP編です。

--------------------------------

 カナダでの週末の収穫は、歴史について少しばかり学べたことだ。

 モントリオールのピエール・エリオット・トルドー国際空港に降り立った時、まず私たちを迎えてくれたのは、サーキットの縁石に似せて赤と白のラインを描いた動く歩道だった。それだけではない。その動く歩道の終点に置かれたマットのひとつひとつにも、「Salut Gilles 40 Ans(サリュー、ジル。40周年)」と書かれていたのである。これは実にイイ感じだった。

 ご存じでない方々のために解説しておくと、このモントリオールのコースの建設当時の名称はイル・ノートルダム・サーキットだった。その後、1982年に世を去った偉大なカナダ人ドライバーを記念して、サーキット・ジル・ビルヌーブと改名されている。

 今年は、このサーキットで初めてF1レースが開催されてから、ちょうど40周年にあたる。それゆえに、あちこちで様々な記念行事やディスプレイが行われていたのである。

 ドライバーたちはサーキットに到着するや否や、次々とジル・ビルヌーブに関連した質問を受けた。特に現地カナダのメディアが、現代のドライバーたちは母国の伝説的英雄をどう見ているかを知りたがったからだ。

 予選終了後、3位に入ったマックス・フェルスタッペンに、こんな話が伝えられた。メルセデスの非常勤会長ニキ・ラウダが、現役ドライバーのうち最もビルヌーブを思い起こさせるのは誰かとたずねられて、彼の名を挙げたというのだ。

「まあ、彼もイケメンだったらしいからね……」と、フェルスタッペンは、まずはジョークで応じた。「だけど、よく分からないな。実際に彼と会ったことがないから、僕には何とも言えない。でも、あの人がそう思うのなら、僕としては別に構わないよ」

 このやり取りを隣で聞いていたセバスチャン・ベッテルは、笑いながらフェルスタッペンに言った。「褒められたんだぜ。自信を持てよ!」

 ともあれ、この時のフェルスタッペンの態度は、木曜にメディアと対面した時の不機嫌で挑戦的な姿勢とは大違いだった。彼は、モナコでのクラッシュについて、もしまた同じことを質問するジャーナリストがいたら、そいつに頭突きを食らわすと報道陣を脅していたのだ。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン383
2位セバスチャン・ベッテル302
3位キミ・ライコネン251
4位バルテリ・ボッタス237
5位マックス・フェルスタッペン234
6位ダニエル・リカルド158
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス58
9位ケビン・マグヌッセン55
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス620
2位フェラーリ553
3位レッドブル392
4位ルノー114
5位ハース90
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア48
8位ザウバー42
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報