F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピットトラブルでリタイアのルクレール「ミスは起きるもの。すぐに立ち直る」:ザウバー F1イギリスGP日曜

2018年7月10日

 2018年F1第10戦イギリスGP決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレールは共にリタイアに終わった。


■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=リタイア

 レースを完走できなかったのが悔しい。今日はとてもいい感じで走れて、戦略的にも計画どおりに進み、第1スティントのペースも良かった。第2スティントの滑り出しも良く、レースが進むにつれて順位を上げて行けそうだったのだが、残念ながらターン1でクラッシュし、リタイアとなってしまった。


 DRSが開いていて、クルマのコントロールを失ったんだ。ポジティブな面は、僕らがさらに進歩できたことだ。2週間後の次のグランプリで、この借りを返すのを楽しみにしている。


シャルル・ルクレール 決勝=リタイア
 リタイアでレースを終えることになって残念だ。スタートはエキサイティングで、オープニングラップの間にいくつかポジションをあげることができた。クルマのフィーリングは良くて、ペースの面でも競争力があり、あらゆることが順調だった。


 ただ、残念なことに、ピットストップで問題が発生し、その直後にリタイアせざるをえなかった。ともあれ、ミスは時として起きるものだ。これまでのレースでは、チームがピットストップで素晴らしい仕事をしてきたのだから、この出来事からすぐに立ち直り、僕たちは進歩しつつあるというポジティブな気持ちをもって、次のレースの週末に臨みたい。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号