F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ウイリアムズの低迷にストロールパパが息子の移籍を画策

2018.04.12

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

チームの低迷でストロールパパがご立腹
息子のためにフォース・インディアのシートを狙う?
XPB Images

 シーズン序盤戦でのウイリアムズの悲惨な低迷ぶりは、チームの長期的な将来にとっても、大きな打撃になるかもしれない。

 バーレーンでの週末、テクニカルディレクターのパディ・ロウは、チームが早くも厳しい状況に陥っていることを認めた。

「何が起きているのか見当がつかない。原因が分かっていれば、すぐに修正しているよ。技術的な問題であることは間違いない。コース上でのクルマの挙動が、ファクトリーで示された数字と一致しないんだ。ともあれ、意気消沈している場合ではない。全てのデータをできるだけ早く分析して、必要な解決方法を見つける努力をするだけだ」

 だが、それ以上に大きな問題は、ランス・ストロールの父親ローレンスが、チームへの信頼を失ったかのような行動に出始めたことだ。ストロール家は、過去3シーズンにわたり(最初の1年はテストドライバーとして、ここ2年間はレースドライバーとして)チームに資金を提供してきた。

 そのローレンスが、2019年の息子の移籍先を探し始め、バーレーンではトト・ウォルフと話し合いの場を持ったという。ランスをメルセデスのヤング・ドライバーズ・プログラムに入れて、あわよくば来季はフォース・インディアに乗せたいという意向を伝えるためだ。

 ローレンスは、昨年の夏頃、ビジェイ・マリアにチーム買収のオファーをしたことが知られている。だが、マリアが強気に出て非現実的な金額を提示したため、交渉は物別れに終わった。

・・・・・・・・・・・・・・・

『シャーデンフロイデ』を味わう人々
今後のレースで「してやったり」となるチームはどこでしょう。
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編