F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:クビカとの交渉は打ち切りか。名門復活を期するウイリアムズの選択

2017.12.14

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

デビューの可能性が高まるシロトキン

約24億円には抗えないか……
XPB Images

 セルゲイ・シロトキンが、2018年にウイリアムズでF1デビューを果たす可能性が高まってきた。消息筋によると、ロバート・クビカとの交渉は、先週唐突に打ち切られたという。

 過去にザウバーとルノーで、何度かFP1セッションに出走した経験のあるシロトキンは、アブダビで行われたタイヤテストに参加し、予想以上のスピードと一貫性でウイリアムズに好印象を与えていた。

 また、彼にはロシアのSMP銀行の支援があり、1800万ユーロ(約24億円)とも言われるスポンサーシップパッケージは、今年限りでいくつかのスポンサーを失うウイリアムズにとって、きわめて魅力的なものだ。

 シロトキンの起用が決まると、ラリー中のアクシデントで重傷を負った後、7年ぶりのF1復帰にチャレンジしたクビカの夢は終わりを告げることになる。

 ウイリアムズとしては、名門復活に向けての切り札として、技術面の能力に優れたクビカを乗せることを考えていたに違いない。しかし、背に腹は代えられず、とりあえず2018年シーズンを生き延びるための選択をすることになりそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

フェラーリエンジニアをメルセデスが引き抜き

PU開発の中心人物を失ったフェラーリ
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報