F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:フォース・インディアの買収交渉が破談、チームの財政状況に影響か

2018.03.28

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

シーズン開幕前に買収交渉が破談したフォース・インディア

財政難に拍車。開幕戦でのアップデートパーツ投入先送りも
XPB Images

 エナジードリンク会社のリッチエナジーを中心とするコンソーシアムと、フォース・インディアオーナーのビジェイ・マリヤとの間で行われていたチームの買収交渉が、シーズン開幕の2週間ほど前に破談になっていたことが、メルボルンの週末に明らかにされた。

 両者はマリヤとロイ・スブラタが所有するチーム株式の譲渡について、数カ月前から交渉を行っており、株の売却が決まれば、リッチエナジーが新たなチームオーナーになるはずだった。

 だが、マリヤとスブラタは、彼らが所有するフォース・インディアの株式の42.5%について、2億5000万ユーロ(約329億円)以下では売れないと主張し、この取り引きは成立しなかった。

 マリヤとスブラタは、すでに自分たちではチームに資金を供給できず、マリヤは逆にチームに現金を都合してもらっているほどだという。このため、フォース・インディアの財政は決して楽な状態とは言えず、その直接的な影響として、オーストラリアで導入される予定だったVJM11の開発部品は、一部が先送りされている。

 フォース・インディアは、2017年シーズンをトップ3に次ぐコンストラクターズ選手4位で終えた。そのチームを高く売りたい気持ちは分からないでもないが、強気に出すぎて交渉が決裂したのでは元も子もない……。

・・・・・・・・・・・・・・・

デーモン・ヒルとメルセデスがTwitter上で口喧嘩

トト・ウォルフが仲裁に入るも“喧嘩”は後を引くか
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP