F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】ライコネン観察日記:開幕戦で得た確かな手応えを胸にバーレーンに臨む

2018.04.06

 長年ライコネンの「番記者」を務めるフィンランド人ジャーナリストのヘイキ・クルタ氏が見た、アイスマンの言動をお送りするF1速報web限定連載。今季マシンのフィーリングが気に入ったキミ・ライコネン。開幕戦は3位で終わったが今後に向けては確かな手応えを持っているようだ。

--------------------

 われらがアイスマンは、オーストラリアでのシーズン開幕戦で、過去2回の優勝を記録している。だが、あと少しだけ運に恵まれていれば、彼はこの地で少なくとも4勝をあげていたはずだ。そして、もしキミが実際にアルバート・パークで4勝していたら、彼が最も得意とするスパ・フランコルシャンでの優勝回数に並んでいたことにもなる。

 先週日曜のアルバート・パークでのレースは、ライコネンにとって「勝てたかもしれないグランプリ」の最新の事例だった。

「確かに、僕はあまりツイていなかった。でも、少なくともチームとしてはラッキーだったから、よろこんではいるよ」と、彼はしわがれた声で、わずかに悔しさを滲ませながら語った。

 不運によって優勝を逃したもうひとつの例は、キミがまだ気鋭の若手だった2003年のオーストラリアGPだ。マクラーレン・メルセデスをドライブしていた彼は、レース中盤で首位に立っていた。ところが、ピットストップを行った際にスピードリミッターが正しく作動せず、ピットレーン速度違反によりドライブスルーペナルティを科されて、レースを3位で終えることになったのだ。

 それと同様に、ライコネンは今回も3位だった。オーストラリアでは6回目のポディウムだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報