F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:分配金を減額したいFOMに対しトップ2チームが政治力を強化し抵抗か

2018.02.07

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

F1にマセラティブランド復活?

XPB Images

 F1におけるFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)の政治力の強化を目論むセルジオ・マルキオンネが、来年中にも新たな手を繰り出すかもしれない。

 マルキオンネは、ザウバーにアルファロメオのブランド名を背負わせたのと同様のやり方で、今度はハースと提携し、同じFCA傘下のマセラティのブランドを利用しようと考えているらしい。

 先週、イタリアのジャーナリストたちと懇談した彼は、「マセラティもまた、過去にはF1で輝かしい歴史を記したブランドだ。私たちはこのブランドの再構築を迫られており、グランプリレーシングへの復帰は、そのための戦略の一部になりうる」と述べた。

 もしマルキオンネが本当に3つのチームに支配力を及ぼすようになれば、フェラーリは2021年からの新商業契約の交渉で、きわめて有利な立場に立つことになる。そして、それこそが彼の取りつつある戦略の真の狙いなのだ。

 一方、こうしたマルキオンネのやり方を見て、トト・ウォルフはフォース・インディアと、そして場合によってはウイリアムズとも、手を結ぶことを考え始めたと言われている。メルセデスのグループ内で使えそうな別ブランドとしては、AMGとスマートがある。

 こうした動きを見せるトップ2チームに対し、彼らの受け取る分配金を減額したいFOMは、どんな手に打って出るかが注目されるところだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

バリチェロが緊急入院も命に別状なし

XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号