F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話/2019年に旧マノーチームが中国資本で再び参戦?

2017.06.28

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

新チーム参戦の噂

資本は中国でも実質的には…?
XPB Images

 2019年のF1世界選手権に、新チームが参戦するかもしれない。噂によれば、メインスポンサーは中国企業で、実質的にチームを運営するのはグレアム・ロードンとジョン・ブースだという。

 ご存知のように、ロードンとブースは2015年までマノーF1チームを取り仕切っていた、モーターレーシング業界の大ベテラン。現在はマノー・モータースポーツの名のもとに、世界耐久選手権のLMP2クラスで2台のマシンを走らせている。

 彼らのWECチームは、中国企業のCEFCチャイナ・エナジーがスポンサーだ。ロードンはF1復帰に向けてさらに多くのスポンサーを獲得すべく、このところ足繁く上海を訪れているらしい。

 また、マノーの動きと関係があるかどうかは不明だが、先日イギリスのある会社が登記上の名称を「チャイナF1レーシングチーム」に変更したことが、公示によって判明している。

 FIAのジャン・トッド会長も、いくつかのグループがF1参戦を希望し、連盟とかなり踏み込んだ話し合いを持ったことを認めている。

 こうした証拠をつなぎ合わせてみると、かつてのマノーの関係者の多くが、1年半後にパドックに戻ってくる可能性は十分にありそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

カルテンボーン辞任にまつわる噂

原因は元代表のワンマンシップ?
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン263
2位セバスチャン・ベッテル235
3位バルテリ・ボッタス212
4位ダニエル・リカルド162
5位キミ・ライコネン138
6位マックス・フェルスタッペン68
7位セルジオ・ペレス68
8位エステバン・オコン56
9位カルロス・サインツJr.48
10位ニコ・ヒュルケンベルグ34

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス475
2位フェラーリ373
3位レッドブル230
4位フォース・インディア124
5位ウイリアムズ59
6位トロロッソ52
7位ルノー42
8位ハース37
9位マクラーレン17
9位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第14戦シンガポールGP 9/17
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号