F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話/メルセデスPUへのスイッチを画策するマクラーレン

2017.06.22

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

メルセデスPUへのスイッチを画策するマクラーレンの噂

ライバルチームのブロック、資金、時間……問題は山積み
XPB Images

 マクラーレンが、何とかして来年からメルセデスのパワーユニットを手に入れようとしていることは、すでにあちこちで報じられているとおりだ。だが、この試みはフェラーリとルノーによってブロックされるかもしれない。

 フェラーリとルノーが懸念しているのは、マクラーレンが現時点で最強のパワーユニットを手に入れ、特にそのステアリングをフェルナンド・アロンソが握った場合に、自分たちの成績に直接的な影響が及ぶ可能性が出てくることだ。

 F1スポーティング・レギュレーションの第8.3項は、「メジャー・マニュファクチャラーは、直接的あるいは間接的にエンジンを供給するチーム数が、それぞれ2台からなる3チームを超える場合には、FIAの許可を得なければならない」と定めている。

 昨年メルセデスが4チーム目となるマノーへの供給を認められたのは、マノーをチームとして存続させるための措置だった。フェラーリとルノーはこの規定を盾にとって、マクラーレンがメルセデス陣営に加わるのを、何とか阻止しようと考えているという。

 もっとも、それにはまずマクラーレンが、今年末までにホンダに代わる資金提供者を見つける必要がある。そのハードルの高さを考えると、彼らのメルセデスへのスイッチが本当に実現する可能性は、フェラーリとルノーが干渉するまでもなく、きわめて低いと言わざるをえない……。

・・・・・・・・・・・・・・・

2018年は超過酷な3連戦シフト

スタッフの疲労は度外視?
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン263
2位セバスチャン・ベッテル235
3位バルテリ・ボッタス212
4位ダニエル・リカルド162
5位キミ・ライコネン138
6位マックス・フェルスタッペン68
7位セルジオ・ペレス68
8位エステバン・オコン56
9位カルロス・サインツJr.48
10位ニコ・ヒュルケンベルグ34

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス475
2位フェラーリ373
3位レッドブル230
4位フォース・インディア124
5位ウイリアムズ59
6位トロロッソ52
7位ルノー42
8位ハース37
9位マクラーレン17
9位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第14戦シンガポールGP 9/17
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号