F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビアトのクラッシュを受け、シルバーストンに新たなタイヤバリア

2020年8月8日

 先週末行われた2020年F1第4戦イギリスGPで、アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトが高速で外壁に突っ込むクラッシュを喫したことを受けて、FIAはベケッツ外側のバリアに新たなタイヤバリアを設けた。


 日曜日の決勝レース序盤、タイヤがパンクしたクビアトのマシンが左ターンのマゴッツに進入したところでコントロールを失いスピンした。


 クビアトはコース外側のウォールに激しく激突したものの、幸いなことに破損したマシンから無傷で脱出することができた。


 このインシデントを受けてFIAはエリアの安全性強化に乗り出し、今週末同じコースで行われる第5戦70周年記念GPに先立って、壁の前にタイヤバリアを設けることにした。


「約36メートルにおよぶタイヤのバリアを、ターン11のランオフエリア後方に設けた」とFIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは語った。

2020年F1第5戦70周年記念GP木曜 タイヤバリアを設置する作業
2020年F1第5戦70周年記念GP木曜 タイヤバリアを設置する作業

 さらにシルバーストンは、ベケッツの出口とチャペルにかかる部分に新しい縁石を設けた。先週末のレースでは、多くのドライバーがベケッツを抜ける時点でコースの左側にはみ出して走行しており、芝生からチャペルの縁石に移るときにタイヤに余分な負荷がかかっていた可能性が高いためだ。


「ドライバーがコース外にはみ出さず走行するよう、FIAの要請に応じて、今週末の70周年記念GPに先立ち、ターン13出口付近に23メートル長のテーパー処理を施した縁石を設けた」と、シルバーストンの広報担当者は語った。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号