F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、リザーブドライバー不在で第5戦に臨む。新規則でスーパーライセンスが発行されず

2020年8月7日

 メルセデスF1チーム代表トト・ウォルフは、レギュラードライバーが出場できなくなった場合の控えのドライバーのひとりとして考えていたエステバン・グティエレスが、スーパーライセンスを所持しておらず、F1レースに出る資格を持たないことが分かったと語った。


 レーシングポイントとマクラーレンは、メルセデスのリザーブドライバーを起用できる取り決めを結んでいる。そのため、2020年F1第4戦イギリスGP直前にレーシングポイントのセルジオ・ペレスがコロナウイルス検査で陽性となり、欠場せざるを得なくなった時、ストフェル・バンドーンとグティエレスが代役候補となった。


 バンドーンはメルセデスから参戦するフォーミュラEのシーズン再開にともない、ベルリンで準備に入っていたので、早い段階で候補から外された。一方、2016年末以来F1レースから遠ざかっているグティエレスは、過去3年レースでF1マシンに乗っていない者は、テストで最低300kmの走行を行わなければならないという規則に引っ掛かり、出場資格を得られなかった。レーシングポイントは結局、昨年までF1に参戦していたニコ・ヒュルケンベルグをペレスの代役として起用した。

メルセデスのテストドライバーを務めるエステバン・グティエレス
メルセデスのテストドライバーを務めるエステバン・グティエレス

「エステバンはあのシートの強力な候補になったと思うが、残念なことに資格を得ていなかった」とウォルフは、第5戦70周年記念GPを前に説明した。


「今年は新たなルールがある。過去3年のうちにF1マシンを公式イベントであるレースで走行させていない者は、テストで最低300kmの走行をしなければならなくなった」


「この新ルールは今年施行されたが、我々は特に留意していなかった。なぜなら以前優れた実績を残したF1ドライバーに、走行資格がないわけはないと考えていたからだ」


「だがエステバンはその規則に引っ掛かったため、レーシングポイントは(他の理由とともに)もうひとつの選択肢であるニコ・ヒュルケンベルグを選んだ。決して悪くはない選択だと思う」


 メルセデスがグティエレスに対し、300kmに及ぶ走行距離基準を満たすための機会を与える可能性は低い。ウォルフはリザーブドライバーを新たに指名する必要があるかもしれないと語った。


「我々にとってどういうことになるのか分析しなければならない」とウォルフは付け加えた。
「残念なことだ。エステバンにチャンスを与えるのは素晴らしいことだし、彼はチームの強力なメンバーかつ柱だからだ」


「そして私は、そもそもリザーブドライバーが必要になる状況を望んでいない……。だが他の解決策を考え出す必要があるようだ」


 今週末の70周年記念GPでもバンドーンはフォーミュラE出場のため不在だ。レーシングポイントは、ペレスが復帰できるかどうか確実ではないため、再びヒュルケンベルグを待機させている。マクラーレンは、元F1ドライバーのポール・ディ・レスタを今週末のリザーブドライバーに起用することを決めた。



(autosport web)




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号