F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、メルセデスF1残留の意向を示すも「今は交渉をしたくない」

2020年8月7日

 バルテリ・ボッタスは、メルセデスと2021年の契約を結び、残留することが決定した。しかし、8月6日のこの発表では、誰がチームメイトになるのかについては触れられていない。


 もちろん、ボッタスのチームメイトになるのは、今年同様ルイス・ハミルトンだろう。しかしハミルトンは、2013年から在籍しているメルセデスとの契約をまだ更新していない。今のところ来季の契約締結を急いではいないのだという。


「正直なところ、今は(契約について話し合う)座につくのに最適なタイミングだとは思わない」とハミルトンは語った。


「世の中では多くの人たちが職を失い、失業状態にあることを考えるとね。座って大きな契約について交渉することは、今現在、僕が時間を使うべき、最も重要なことだとは思えないんだ」


「事実、僕はこのチームで続けていきたいし、話し合いをして契約をまとめるのに大した手間はかからないだろう。ただ、今ではないということだ。僕はこれを今やることを気分良くは思わないので、もう少し待ちたい」


「他のチームとは話をしていない。このチームと新しい章を続けていくことを楽しみにしている。どのように自分たち自身を教育し、より多様で包括的な前進を遂げるために何ができるかということをね」


「メルセデス・ベンツとこのチームとともに前進するにあたって、何が可能かを考えて、とても興奮している。いずれ契約は締結されるだろう。僕はストレスは感じていないよ」

2020年F1第5戦70周年記念GP 木曜記者会見 ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP 木曜記者会見 ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)

 メルセデスは2021年のルイス・ハミルトンのチームメイトに再びボッタスを選んだが、長期的には、自身の育成ドライバー、ジョージ・ラッセルとエステバン・オコンの起用も検討していくものとみられる。ふたりとも2021年は現在所属するチームとの確固たる契約下にあり、ラッセルはウイリアムズ、オコンはルノーに残留する。



(grandprix.com/autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 23:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号