F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「ベッテルがどんどん寄せてきて、最終的に接触した」:フェラーリ F1ブラジルGP

2019年11月18日

 2019年F1ブラジルGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルと接触したダメージにより65周でリタイアした。


 エンジン交換によるペナルティで14番グリッドからスタートしたルクレールは、レース終盤には5番手を走行していた。前を行くベッテルよりも新しいタイヤを履いていたルクレールは前に出ることに成功するが、ベッテルはすぐに抜き返し、そこで接触が起きた。ルクレールのサスペンションは壊れ、ベッテルもタイヤがパンクし、ともにコース脇でマシンをとめてレースを終えた。


 レース後、スチュワードはこのアクシデントを審議したが、どちらかに責任の大半があるとはいえないとして、ペナルティは科さなかった。

2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=リタイア
 週末をこんな形で終えることになり本当に残念だ。チーム全員に申し訳なく思う。今日の僕らには速さがあり、たくさんのポイントを持ち帰れる見通しだった。


 すごくエキサイティングなレースをしていた。中団からスタートし、バトルをしながら順位を上げていった。レースの流れには満足していた。


 いずれにせよ、ここから先に進み、最善の形で協力し合って仕事を続けていく。アブダビに気持ちを集中させて、シーズンをできる限りいい形で締めくくりたい。


(Sky Sportsに語り)ターン1で彼を抜いた。僕としては楽しかったよ。その後、ターン3でセブが抜き返そうとしているのに気付いた。彼はアウト側を回り、あまりスペースはなかったけれど、僕は彼にスペースを残した。でもストレートの終わりに向かって彼はどんどんイン側に寄せ始めた。彼がインに入り込んだ瞬間に僕らは接触し、僕のタイヤがパンクした。



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号