F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャン「人生を賭けるようなレースをしていたのに、最悪のタイミングでセーフティカーが入った」:ハース F1ブラジルGP日曜

2019年11月19日

 2019年F1第20戦ブラジルGPの決勝レースが行われ、ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは11位、チームメイトのロマン・グロージャンは13位でレースを終えた。


■ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=11位

2019年F1第20戦ブラジルGP ケビン・マグヌッセン(ハース)
ケビン・マグヌッセン(ハース)

 残念だよ。今日はチームのチャンスが失われてしまったと感じている。僕たちにとってうまくいかなかった。レース序盤では展開が変わって大きく順位を落とし、その後フロントウイングにダメージを負ってしまった。


 そしてセーフティカー導入後のリスタート時には、誰もが僕たちよりはるかに強力だった。僕は十分に流れに追いついていけなかった。僕は追い越され、最終的にあとひとつの順位でポイントを逃した。いい気分ではないよ。


ロマン・グロージャン 決勝=13位
 まず、ピエール(ガスリー/トロロッソ・ホンダ)の結果にすごく喜んでいるよ。彼が表彰台に上がれて良かった。本当に嬉しく思う。僕は4年前に表彰台に上がった最後のフランス人だったんだ。


 今日の僕たちについては、運にまったく恵まれなかった。人生を賭けるようなレースをしていて、7位に食いついていた。そんな性能がないようなマシンでね。僕たちは素晴らしい仕事をしていたが、その後僕たちにとって最悪のタイミングでセーフティカーが導入された。


 リスタート後のタイヤは、長いスティントの後で傷んでいた。最後まで行けることは分かっていたが、(カルロス)サインツJr.が、リスタート時にターン2に差し掛かるところでワイドにプッシュしてきたんだ。そのことをとても不満に思っている。今日は限界までマシンをプッシュしたけれど、僕たちの日ではなかったようだ。

2019年F1第20戦ブラジルGP予選Q3に進出したロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセン
2019年F1第20戦ブラジルGP予選Q3に進出したロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセン



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号