F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「ルクレールを抜き返すチャンスがあったから仕掛けただけ。なぜ当たってしまったのか分からない」

2019年11月18日

 2019年F1ブラジルGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、チームメイトのシャルル・ルクレールと接触したことによるダメージによりリタイアした。


 2番グリッドからスタートで3番手に落ち、終盤も同位置を走っていたが、セーフティカー後のリスタートでレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンに抜かれて4番手に。その後ベッテルは、後方のルクレールにも抜かれてしまい、ポジションを取り戻そうとした時に接触が起きた。ルクレールはサスペンションが壊れ、ベッテルはタイヤがパンクし、それぞれコース脇にマシンを止めた。


 レース後、スチュワードはこのアクシデントを審議したが、どちらかに責任の大半があるとはいえないとして、ペナルティは科さなかった。

2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=リタイア
 僕らはいい結果を出せたはずのレースで完走しなかった。今日一日をひと言で言うとそういうことになる。接触が起きたことは、特にチームにとって残念な出来事だ。2台ともポイント圏内を走っていたし、サーキットに来ているスタッフもファクトリーのスタッフも、チーム全員がハードワークをしてきたのだから。


 僕自身について言うと、マックス(・フェルスタッペン)には今日は届かなかったと思うが、それでもレースはうまくいっていた。これからシーズン最終戦に気持ちを集中させ、できるだけいい結果を持ち帰りたい。


(Sky Sportsに語り)右側にはあまりスペースがなかった。ターン3は僕の方がうまく立ち上がることができたので、仕掛けてみた。それだけのことだ。
 すでに僕の方が前に出ていたと思う。なぜ接触したのか分からない。



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号