F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1オーストリアGP FP1:フェルスタッペンが最終盤にミディアムでトップタイム。フェラーリ勢が2、3番手に続く

2023年6月30日

 2023年F1第10戦オーストリアGPのフリー走行1回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)、3番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は15番手だった。


 この週末は今シーズン2回目のスプリントが行われる。そのためフリー走行はこの1回のみとなり、各チームにとって非常に重要なセッションとなる。気温27度、路面温度46度というコンディションで現地時間13時半にセッションがスタートした。


 開始直後から各車ハードタイヤ、ミディアムタイヤでコースイン。体調不良により木曜日のメディア対応をキャンセルしたセルジオ・ペレス(レッドブル)も無事に出走している。セッション序盤は1分6〜8秒台のタイムが並び、ハードのフェルスタッペンが1分6秒416でトップに立った。ミディアムの角田は1分7秒161で一時5番手につけた。


 その後ルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェルスタッペンを0.1秒上回り、ハミルトン、フェルスタッペン、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)というトップ3でセッションの折り返しを迎えた。この時点ではウイリアムズの2台だけがソフトで走行しており、アレクサンダー・アルボンは1分6秒794で5番手につけている。


 セッション中盤は各車ロングランに取り組み、残り20分のあたりで一度ピットに戻る。その後終盤に向けソフトタイヤを投入するが、そんななかフェルスタッペンやアロンソ、ペレスはミディアムで走行を続けた。ソフトのルクレールは1分6秒209でトップに立つが、フェルスタッペンが1分6秒084でわずかにルクレールを上回り、ペレスも3番手に続く。直後にサインツが1分5秒983でトップに浮上した。


 フェルスタッペンは最後に6周走ったミディアムで1分5秒741というタイムをマークし、FP1をトップで終えた。2番手にサインツ、3番手にルクレールというトップ3となり、4番手以下はハミルトン、ペレス、ランス・ストロール(アストンマーティン)、ケビン・マグヌッセン(ハース)と続き、8番手アロンソは1セットのミディアムでこのセッションを走り切った。9番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)、10番手は周冠宇(アルファロメオ)となっており、角田は1分6秒985で15番手だった。



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP